永久脱毛はほんとに永久なの?5分でわかる脱毛の疑問あれこれ

永久脱毛できるのは医療機関だけ

自己処理ではなく、外部でプロに任せる脱毛には、医療機関で行う医療レーザー脱毛とエステサロンで行うサロン脱毛があります。永久脱毛と聞けば、1本残らず毛がなくなるイメージですよね。しかし実際は施術から1か月経過したあとに、毛の再生率が20%以下という定義があります。完全に毛がなくなるわけじゃないんですね。エステサロンでは毛根を弱らせる程度の熱量で光脱毛を行うのが主ですので、通い続ける必要があり、実質永久脱毛は不可能ということになります。その点専門の資格を持った医師や看護師が施術を行い、毛根を破壊する熱量を出せるレーザーを照射する医療脱毛のみが、永久脱毛可能ということになります。永久脱毛したければ、サロンでなく医療機関へ行きましょう。

医療レーザー脱毛は、どういうしくみで脱毛するの?

医療レーザー脱毛のレーザーは、黒い色だけに反応する波長の光です。この光を毛根部の黒い色素に当てて、熱で細胞を破壊することで脱毛効果を得られます。破壊するわけですから、その部分からは2度と毛は生えて来ないわけですね。毛には、毛周期という生え変りのサイクルがあり、生えている毛は成長期と言われる状態で、全体のたった20%。休止期や退行期といわれる状態は毛が抜け落ちていたり生えていない状態なので、レーザーを当てても効果はありません。成長期の毛根にのみ反応するので、毛の周期に合わせて2~3か月空けて通常3~5回の照射を行う必要があるんですね。

医療レーザー脱毛のデメリットは?

永久脱毛が出来る魅力的な医療レーザー脱毛ですが、何かデメリットがあるのかも気になるところです。レーザーは黒い色素に反応しますので、当然白髪や色の薄い毛には反応せず脱毛できません。逆に、黒く日焼けした肌や、色素沈着した部分には反応していまいやけどの危険があるので照射出来ません。シミやあざやほくろのある場所にも出来ませんね。また保険適用外なので、費用が高くかかります。施術時は、人によっては我慢できないほどの痛みを感じる場合もあります。後から赤くなったり、ヒリヒリと軽いやけどの様な症状が出ることも。しかし医師のいる医療機関なので、トラブル時の対処はしっかりとしてもらえます。デメリットもある程度はありますが、やっぱり女性にとって永久脱毛は魅力的!受ける時はしっかり下調べをして自分に合った医療機関を選びたいですね。

医療脱毛を新宿で始める時には、初期費用が必要となることがありますが、施術の前に具体的な支払い方を把握することがおすすめです。