まだ間に合う!出来てしまったニキビ跡の対処法!

クレータータイプ?シミタイプ?

潰してしまったり、炎症してしまったりと出来てしまったニキビ跡そんなニキビ跡には大きく分けて2つのタイプがあります。1つはクレータータイプ。見た目もボコっとしているので、メイクで隠しにくく目立ちやすいニキビ跡です。ニキビの炎症が皮膚の表面だけではなく深部にまで広がってしまったことが原因です。もう1つはシミタイプ。ニキビが炎症してしまった際にケアを怠ってしまうと色素が変わり跡として残ってしまうのです。放っておくとシミとなって一生残ってしまいます。

今からでも遅くない!ニキビ跡のケア方法!

ニキビ跡が出来てしまったからと言ってケアを怠ってはいけません!肌はターンオーバーのサイクルで常に新しく生まれ変わっています。このサイクルをセルフケアでさらに促せられれば、完治は難しくとも目立たなくさせることは可能です。。クレータータイプのニキビ跡は皮膚の深部の炎症なので、刺激を与えないこと!だっぷりの保湿で肌に潤いを与えてふっくら柔らかな肌にすると跡が目立たなくなります。シミタイプのニキビ跡はターンオーバーをより促進させることで徐々に薄くなっていきます。ビタミンCなど肌には良い栄養を摂るのも効果的です。シミにのらないようにUVケアもかかさず行いましょう。

メイクでニキビ跡を目立たなくしよう!

治るまでには時間がかかるニキビ跡、とにかく今すぐになんとかしたい!という時はメイクで目立たなくさせちゃいましょう。クレータータイプのニキビ跡はとにかく凹凸を目立たなくさせる事が必須!ムースタイプやリキッドタイプのファンデーションなら凸凹を抑えることが出来ます。その後パウダーをのせれば自然な仕上がりになります。シミタイプのニキビ跡は下地の後、ファンデーショをのせる前にコンシーラーでしっかり跡を消しましょう。頬であればチークをのせるとより目立たなくさせる事ができます。

ニキビ跡は治せないとあきらめている人が多いものですが、専門のクリニックで適切な治療を行えばきれいに治すことができます。